離床センサー

離床センサーとは
離床センサーは病院・施設等での転倒・転落予防、徘徊予防等の対策装置です。
転倒・転落のインシデントは学会等で多く報告されており、離床センサーを使用することでインシデントの減少が多く報告されております。
商品詳細はカタログをご覧ください。

■マットセンサーセレクトプラス  【注目商品】
職員や外来者が踏んでも反応しません。
対象だけに反応します。

 

■ビームセンサー
ベッドにビームセンサーを取り付けて、ビームが遮断されるとナースコール等で知らせる。


■赤外線センサー
ベッドに赤外線センサーを取り付けて、感知範囲に入るとナースコール等で知らせる。


■マットセンサー/ ワイヤレスマットセンサー
ベッド下にマットセンサーを置き、踏むとナースコール等で知らせる。
ワイヤレスマットセンサーは配線がありません。

 

■ベッドセンサー /ワイヤレスベットセンサー
ベッドにセンサーを置き、重量が架からなくなるとナースコール等で知らせる
マットレス下用もご用意しております。
ワイヤレスベッドセンサーは配線がありません。

 

■ベッドすわるセンサー / ワイヤレスすわるセンサー
ベッド端にセンサーを置き、ベッド端に座って重量が架かるとナースコール等で知らせる
ワイヤレスタイプは配線がありません。

 

■クリップセンサー / ワイヤレスクリップセンサー
衣類にひもクリップを付けて、クリップが外れるとナースコール等で知らせる
ワイヤレスタイプは配線がありません。

 

■車椅子センサー
車椅子座面にセンサーを置き、重量が架からなくなるとアラーム等で知らせます

 

■タグセンサー
IDタグを付けた対象者が受信機のエリアに入ると無線等で知らせます

 

トイレセンサー
トイレの座面にセンサを置き、重量が架からなくなるとメロディー等で知らせます。